差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

bbb [2017/01/20 23:05]
sugakoubou [電源ぶち切り対応 (Read-only)]
bbb [2019/04/09 12:43] (現在)
sugakoubou [コンソールの変更]
ライン 18: ライン 18:
  
   % dpkg-reconfigure tzdata   % dpkg-reconfigure tzdata
 +
 +
  
 ===== 電源ぶち切り対応 (Read-only filesystem) ===== ===== 電源ぶち切り対応 (Read-only filesystem) =====
ライン 23: ライン 25:
   * http://lotuseater365.tumblr.com/post/97562640533/raspberry-pi-%E3%82%92-unionfs-fuse-%E3%81%A7%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%88%E3%81%99%E3%82%8B   * http://lotuseater365.tumblr.com/post/97562640533/raspberry-pi-%E3%82%92-unionfs-fuse-%E3%81%A7%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%88%E3%81%99%E3%82%8B
   * http://qiita.com/pinebright/items/aa98c214f4e80bfdd4c2   * http://qiita.com/pinebright/items/aa98c214f4e80bfdd4c2
 +
 +===== 再インストール =====
 +
 +SDイメージをダウンロードし、ddコマンド等でmicroSDへ書き込む。
 +
 +[[https://beagleboard.org/latest-images]]
 +
 +microSDをソケットへ差し込み起動する。
 +
 +/boot/uEnv.txt を編集して
 +  cmdline=init=/opt/scripts/tools/eMMC/init-eMMC-flasher-v3.sh
 +を書き加える。
 +
 +rebootすると、microSDからフラッシュへ書き込む処理が始まる。
  
  
ライン 28: ライン 44:
  
 USBの無線LANドングルを使う。 USBの無線LANドングルを使う。
 +
 +Debian 9.5 / Linux beaglebone 4.14.71-ti-r80
 +
 +connmanctl コマンドで設定できる。
 +
 +  % connmanctl
 +  connmanctl> disable wifi
 +  connmanctl> tether wifi off
 +  connmanctl> enable wifi
 +  connmanctl> scan wifi
 +  Scan completed for wifi
 +  connmanctl> services
 +      SSID    wifi_***_managed_psk
 +    :
 +  connmanctl> agent on
 +  Agent registered
 +  connmanctl> connect wifi_***_managed_psk
 +    :
 +  Passphrase?
 +    :
 +  Connected wifi_***_managed_psk
 +  connmanctl> quit
  
 <古> Debian 8.4 / Linux beaglebone 4.4.9-ti-r25 <古> Debian 8.4 / Linux beaglebone 4.4.9-ti-r25
ライン 41: ライン 79:
      wpa-psk  "PASS"      wpa-psk  "PASS"
  
-<新> Debian 8.6 / Linux beaglebone 4.4.30-ti-r64+<古> Debian 8.6 / Linux beaglebone 4.4.30-ti-r64
  
 例:EDIMAX EW-7811UN 例:EDIMAX EW-7811UN
ライン 80: ライン 118:
  
 専用の液晶ディスプレイが 4D Systems から販売されており、つなげばすぐ使える。 専用の液晶ディスプレイが 4D Systems から販売されており、つなげばすぐ使える。
 +
 +タッチパネルも動作する。
  
 http://www.4dsystems.com.au/products http://www.4dsystems.com.au/products
ライン 96: ライン 136:
 そのままでは不要なGUIデスクトップが起動してしまうので、まずこれをOFFにしてコマンドライン(シェル、CUI)だけにする。 そのままでは不要なGUIデスクトップが起動してしまうので、まずこれをOFFにしてコマンドライン(シェル、CUI)だけにする。
  
-UNIXでリモートデスクトップも意味わからん。 +UNIXでリモートデスクトップよりも、X Server System の display を指定すればいいので。
-X Client で display を指定すればよい。+
  
- cd /etc/init.d +  systemctl set-default multi-user.target
- % chmod 0 lightdm x11-common xrdp+
  
-以下のコマンドがまっとうだと思うがエラーになる。+テキストモードへその場で切り替える (runlevel 3) 
 +  % systemctl isolate multi-user.target
  
- % systemctl disable lightdm +グラフィカルモードへその場で切り替える (runlevel 5) 
- % systemctl disable x11-common +  % systemctl isolate graphical.target
- % systemctl disable xrdp.service+
  
 ===== シリアルコンソール ===== ===== シリアルコンソール =====
文書の先頭へ
bbb.1484921137.txt.gz · 最終更新: 2017/01/20 23:05 by sugakoubou