差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

dmx512 [2020/01/14 17:35]
sugakoubou [Art-Net]
dmx512 [2020/01/21 16:33] (現在)
sugakoubou [ピンアサイン]
ライン 35: ライン 35:
  
 1つ1つのデータは「スロット」、512スロットのDMX信号を「1ユニバース」と数える。 1つ1つのデータは「スロット」、512スロットのDMX信号を「1ユニバース」と数える。
 +
 +==== RS-485 ====
 +
 +電気的には MAX485 等のRS485トランシーバーICを使う。
 +
 +一連のDMXケーブルの配線長は100m程度、32台程度の機器を接続することができる。\\
 +それ以上の場合はスプリッターやブースターを使って配線を分けるとよい。
 +
 +スロットを送信するフレームレートにより、非力なマイコンを積んだ機器はデータの受信が間に合わず相性問題(?)を起こすことがある。
 +
 +例えば、30fpsのDMX信号であれば、Frame Between Timeで時間を調整するもの、スロットごとの間隔で時間を調整するものがある。
  
 ==== 備考 ==== ==== 備考 ====
ライン 57: ライン 68:
 ^4|無接続|スルー|DATA2-|DATA2-(トークバック)|DATA2-(他の信号)|12V、300mAまでの信号| ^4|無接続|スルー|DATA2-|DATA2-(トークバック)|DATA2-(他の信号)|12V、300mAまでの信号|
 ^5|無接続|スルー|DATA2+|DATA2+(トークバック)|DATA2+(他の信号)|4とパラ接続| ^5|無接続|スルー|DATA2+|DATA2+(トークバック)|DATA2+(他の信号)|4とパラ接続|
 +
 +とはいえ、1~3ピンだけ使うものが主流
  
 ===== RDM (Remote Device Management) ===== ===== RDM (Remote Device Management) =====
文書の先頭へ
dmx512.1578990938.txt.gz · 最終更新: 2020/01/14 17:35 by sugakoubou