DMXレコーダー Ethernet(LAN)対応版

Ethernet(LAN)対応版は、接点入力やシリアルと同様に、EthernetからのUDPデータによりコントロールすることができます。

SDメモリーカードへ保存した設定ファイルにより、動作を指定することができます。

DMXレコーダー へ戻る

設定ファイル例

ファイル名: dmxrec.cfg

メモ帳等のテキストエディタ等でファイルを作ってください。

AUTO=C5
INPUT[1]=P1
  :
PORT=10000
IPADDR=192.168.12.34
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.12.1

基本的には DMXレコーダー 設定ファイル と同様です。
他の設定と同じファイルに記述します。

PORT

UDPデータを受け取るTCP/IPポート番号です。
未指定の場合、Ethernet機能を使いません。

PORT=10000

IPADDR

本機のIPアドレスを指定します。
未指定の場合、DHCPによる自動割り当てとなります。

IPADDR=192.168.12.34

NETMASK

本機のサブネットマスクを指定します。
IPADDRをDHCPとしている場合は、指定しないでください。

NETMASK=192.168.12.34

GATEWAY

本機のデフォルトゲートウェイを指定します。
IPADDRをDHCPとしている場合は、指定しないでください。

GATEWAY=192.168.12.34

Ethernetによる操作

設定ファイルで指定したIPアドレス・ポート番号へ、UDPによりコマンドを送信することにより、コントロールすることができます。

DMXレコーダー の使い方 にあるコマンドを送ります。 (改行コードは不要です)

成功すると「OK」、失敗の場合は「ERROR」が返ってきます。

P2

メモ

  • 10Base-T / 100Base-TX どちらでも接続できます。
  • 短時間に多くのUDPデータを送信すると誤動作することがありますので、適当な間をあけて送信してください。
文書の先頭へ
dmxrecorder-network.txt · 最終更新: 2014/10/28 16:53 by sugakoubou