差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

dmxrecorder-config [2014/08/27 11:32]
sugakoubou
dmxrecorder-config [2014/08/27 11:34] (現在)
sugakoubou
ライン 49: ライン 49:
 入力端子へ入力があった際に動作させるコマンドを指定します。 入力端子へ入力があった際に動作させるコマンドを指定します。
  
-には、卓上タイプは 1~6、ラックマウントタイプは 1~11 を指定できます。+には入力端子の番号、卓上タイプは 1~6、ラックマウントタイプは 1~11 を指定できます。
  
  
ライン 64: ライン 64:
 入力端子への入力がなくなった際に動作させるコマンドを指定します。 入力端子への入力がなくなった際に動作させるコマンドを指定します。
  
-には、卓上タイプは 1~6、ラックマウントタイプは 1~11 を指定できます。+には入力端子の番号、卓上タイプは 1~6、ラックマウントタイプは 1~11 を指定できます。
  
  
ライン 77: ライン 77:
 1 を指定すると、プログラム再生中、入力端子へ入力があっても無視されます。 1 を指定すると、プログラム再生中、入力端子へ入力があっても無視されます。
  
-には、卓上タイプは 1~6、ラックマウントタイプは 1~11 を指定できます。+には入力端子の番号、卓上タイプは 1~6、ラックマウントタイプは 1~11 を指定できます。
  
  
ライン 89: ライン 89:
 調光値が50%(128)以上で動作します。 調光値が50%(128)以上で動作します。
  
-には、DMXアドレス 1~512 を指定できます。+にはDMXアドレス、1~512 を指定できます。
  
  
ライン 102: ライン 102:
 パネル表面のボタンを押した際に動作させるコマンドを指定します。 パネル表面のボタンを押した際に動作させるコマンドを指定します。
  
-には 2~3 を指定できます。(1 はキャンセルボタンとして固定)+にはボタン番号、2~3 を指定できます。(1 はキャンセルボタンとして固定)
  
  
文書の先頭へ
dmxrecorder-config.txt · 最終更新: 2014/08/27 11:34 by sugakoubou