差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

dmxio-usage [2019/11/21 11:03]
sugakoubou
dmxio-usage [2020/09/10 16:41] (現在)
sugakoubou [RS-232C(シリアルからの操作)]
ライン 150: ライン 150:
   1=255   1=255
   2=100   2=100
 +
 +電文の書式: DMXアドレス,DMX値(0~100%)
 +
 +
 +  1,100
 +  2,80
  
 現在のDMXの値(調光値)を読み出すこともできます。 現在のDMXの値(調光値)を読み出すこともできます。
ライン 159: ライン 165:
   255 ←現在の値が返ります(0~255)   255 ←現在の値が返ります(0~255)
  
 +=== 拡張されたシリアルコマンド ===
 +
 +※以下は最新版のみ
 +
 +DMXアドレスを”,”区切りで列挙したり、”-”で範囲を指定したり、また、それらを併用することができます。
 +
 +
 +  1,2,5=100
 +  
 +  20-29=150
 +  
 +  1,2,5,20-29,40-49=200
 +
 +”-”の範囲に”/”で間隔を指定することもできます。
 +
 +例:アドレス1,4,7,10となります。
 +  1-10/3=255
 +
 +=== 保存・読出し ===
 +
 +現在出力している調光値をメモリーカードへ保存できます。
 +
 +電文の書式:SV1~999
 +
 +
 +  SV1
 +
 +メモリーカードから調光値を読み出すことができます。
 +
 +電文の書式:LD1~999
 +
 +
 +  LD3
 +
 +保存、読出しの数値はファイル名の一部になり1~999の範囲で指定できます。\\
 +(ファイル名:dmxio###.dat)
 +
 +DMXの調光データ 1~512 が一括して保存、読出しされます。
  
 ===== ご注意 ===== ===== ご注意 =====
文書の先頭へ
dmxio-usage.1574301786.txt.gz · 最終更新: 2019/11/21 11:03 by sugakoubou