DMXレコーダー の使い方

照明卓やDMXコントローラーソフトで操作したDMX512信号を、SDメモリーカード(SDHC対応)へ記録、再生できます。

ディマーやムービングライト等の舞台照明、LEDなどの演出機器をあらかじめ実演・記録したとおりに自動制御できます。

使い方

PCとはUSB=シリアル変換ケーブルで接続し、DMXRecTool を使いDMXプログラムを記録します。

外部入出力端子を通じて、DMXプログラムの再生などのコントロールをします。

外部入出力端子の機能は設定ファイルにより指定することができます。

停止中はDMX入力の信号が、DMX出力にスルーされます。

機器の接続

表面パネルは、ステータス表示LED、SDメモリーカードのコネクターなどがあります。
裏面パネルは、電源、外部入出力を接続するコネクターがあります。

DMXの入出力コネクターは、パネル表面・裏面の選択が可能。(出荷時)

SDメモリーカード

16GBまでのSDメモリーカード(SDHC推奨)が使用できます。

電源を入れている間は、SDメモリーカードを抜かないでください。

DMXを記録したプログラムはファイルとして保存されます。
ファイル名: rec###.dmx (# はプログラム番号、1~999)

プログラムのファイルのバックアップやコピーは、PC上で普通のファイルと同様に自由に行えます。

ファイルは独自の形式で圧縮されています。

PC用ソフトウェア DMXRecTool で、プログラムファイルをCSVファイルに変換したり、CSVファイルからプログラムファイルに変換することができます。

外部入出力端子

ユーロブロックで簡単に接続できます。

卓上タイプ

123456789
コモン(GND)シリアルTXシリアルRX入力1入力2入力3入力4入力5入力6

シリアルは、PCやシーケンサーなど他の機器を接続し、本機をコントロールすることができます。

<現行モデル>
シリアル(RS-232C)はD-SUB 9Pコネクタになっています。

<旧モデルのみ>
付属のUSB=シリアル変換ケーブルはそのまま接続することができます。
シリアル信号はTTLレベルのため、RS-232Cと接続する場合は電圧レベル変換が必要です。

ラックマウントタイプ

端子台(ユーロブロック)

123456789101112
コモン(GND)入力1入力2入力3入力4入力5入力6入力7入力8入力9入力10入力11

D-SUB 9ピン メス(シリアル、RS-232C)

123456789
(a)TXRX(a)GND(a)(b)(b)-

※(カッコ)書きは内部ショート

入力端子

入力1~ は、コモン=入力端子間をショート(接続)することにより、再生・停止など設定ファイルで指定した動作をさせることができます。
無電圧メーク接点、オープンコレクタ等を接続できます。

PCからの操作

  1. 付属のUSB=シリアル変換ケーブルを、コモン・シリアルTX・RX の端子へ接続します。
  2. 初めてPCと接続する際は、USBドライバをインストールする必要があります。
  3. DMXRecTool またはコマンド入力により操作します。

DMXRecTool

Windowsパソコンから簡単にコントロールできるツールです。(オプション)

シリアル経由の操作(コマンド入力)

DMXRecTool を使用せず、ターミナルソフト(TeraTerm等)やその他のシリアル接続機器を使用する場合、 COMポートの設定は次のように指定してください。

9600bps、ストップビット1bit、パリティなし、フロー制御なし。
改行コード CR+LF・LFのみ・CRのみ 対応

ターミナルソフト(TeraTerm等)で接続後、コマンドを入力してください。

コマンド

Pn再生(クロスチェンジ、再生中のプログラムはフェードアウトします)
Cn再生(カットチェンジ)
Ln繰り返し再生(ループ、クロスチェンジ)
Mn繰り返し再生(ループ、カットチェンジ)
An割込み再生
Rn記録(レコード)
S停止(再生や記録を停止します)
T割込み停止
Zゼロ出力(全て0を出力します)
BDMX出力停止

n はプログラム番号です。(1~999)

プログラム番号を”,”で区切って列挙すると連続して再生されます。

シリアルからは、コマンドと改行(Enter)を入力してください。
成功すると「OK」、失敗の場合は「ERROR」が返ってきます。

R5 [Enter]
OK

S [Enter]
OK
  
P5,10,11 [Enter]
OK

動作の設定

SDメモリーカードへ保存した設定ファイルにより、自動再生や入出力端子などの動作を指定することができます。

ファイル名:dmxrec.cfg

詳しくは DMXレコーダーの設定ファイル を参照。

再生

連続再生

繰返し再生

連続+繰返し再生

電源ON時 自動再生

電源ON時 自動再生+繰返し

割込み

演出データを割込んで上書きします。

ご注意

  • 誤った取扱いをすると、本製品やこれを取り付ける機器の故障や損傷、感電、火災やその他の重大な事故につながる可能性があります。
  • 本製品を使用したために発生する損害については、責任を負いかねます。
  • 細心の注意を払って製造しておりますが、不良品等がありましたら同等の新品と交換させていただきます。
  • 本製品を取り扱う際には、けがや事故、破損などにご注意ください。
  • 本製品の仕様は、改良やその他の理由で予告なく変更することがあります。

DMXレコーダー へ戻る

文書の先頭へ
dmxrecorder-usage.txt · 最終更新: 2019/07/19 12:11 by sugakoubou